釜山総合ニュースの記事

10月19日の釜山総合ニュースに次のような記事が掲載されましたので、参考までにお知らせします。

朝鮮通信使の世界遺産登録目指す=釜山文化財団
【釜山聯合ニュース】
韓国の釜山文化財団は19日、朝鮮通信使の世界遺産登録を目指す方針を明らかにした。
 朝鮮通信使は、17~19世紀にかけ朝鮮から日本に派遣された公式外交使節で、韓日交流の役割を担った。
 韓日国交正常化50周年を迎える2015年の登録を目標に、日本と共同で取り組むという。2014年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)へ申請書を提出する計画だ。
 同財団は世界遺産登録に向け、朝鮮通信使と関連がある文化事業や研究資料などの検討作業に入った。
 同財団のチャ・ジェグン文芸振興室長は「朝鮮通信使の世界遺産登録に向けて韓日が共同で取り組んだ過程を申請書に盛り込めば世界記憶遺産に登録される可能性が高い。朝鮮通信使の行跡は未来の人類のための大切な精神的遺産となるだろう」と述べた。
[PR]

by enchiren | 2012-10-25 14:53

<< 瀬戸内牛窓国際交流フェスタ 11月21日の臨時総会の会場変更 >>