2016年 02月 16日 ( 1 )

ユネスコ記憶遺産 日韓共同申請書調印式

去る1月29日(金)対馬市でユネスコ記憶遺産登録にむけた日韓共同申請書の調印式が行われました。
ユネスコ記憶遺産日本推進部会員の皆様をはじめ、駐大阪韓国大使館文化院の院長
朴英恵様をご来賓に迎え、日韓合計で60名を超える方がたに出席いただき無事に終えることができました。
当日の様子を写真でお伝えいたします。


<朝鮮通信使人形がお出迎え>
b0280244_9514098.jpg
会場の入り口には対馬市在住の兵頭順子様が制作した朝鮮通信使の人形たちが飾られました。ひとりひとり表情の違う人形たちは勇ましく、頬に朱がさしてあるなど細かいところまで表現され語りだしそうな様子。

<日韓共同推進会議の様子>
b0280244_954826.jpg
b0280244_9553620.jpg
申請書案および資料リスト案をあげ、申請内容を決定する最後の会議となりました。

<調印式オープニング>
b0280244_9562040.jpg
対馬古今会の皆様による琴の演奏がありました。
1曲目は「三段の調べ」、2曲目は誠信交隣を表した日韓友好の映像に合わせ「Let It Be」を演奏していただきました。


<調印式開会>
b0280244_9572698.jpg
松原一征理事長による開会の挨拶

<調印の様子>
b0280244_959145.jpg
b0280244_1014285.jpg
釜山文化財団・李文燮代表理事と縁地連・松原理事長による調印
2012年から始まったこの登録推進事業もいよいよ申請書への調印となりました。
提出は1通ですが、3通作成し、両団体に1通ずつ記念に残し将来展示会等にて展示する予定です。


<調印後の記念撮影>
b0280244_1033474.jpg
日韓両国の学術委員の皆様、事務局での記念撮影。
いよいよ3月の申請にむけてラストスパートです!

b0280244_1044774.jpg
学術委員をはじめ参加者揃っての記念撮影
[PR]

by enchiren | 2016-02-16 10:36 | お知らせ